東都大学野球 全国初の女子リーグ構想 連盟副理事長「提案したい」

[ 2016年12月5日 05:30 ]

ブルペンで女子中学生を指導するヤクルト・石川(左)。右はゲストの稲村亜美
Photo By スポニチ

 東都大学野球連盟は4日、85周年記念事業として「東都の集い」を都内ホテルで開催し、プロ野球OBや関係者約900人が出席。将来的なリーグ発展に向けた「東都ビジョン2016」を発表し、その中の一つとして「東都大学女子リーグ」構想を明らかにした。

 現在、大学女子硬式野球部は全国で8校しかなく、大学のリーグ戦は存在しない。実現すれば全国初の大学女子リーグとなり、福原紀彦副理事長は「東都ネットワークの拡大と活用のための試みの一つとして女子野球についても東都リーグがつくれないかという提案をしたい。我々はさまざまなノウハウを持っている」。東都加盟校の中で女子硬式野球部があるのは日大国際関係学部(静岡)だけ。まだ構想段階で、今後は各大学の理解や環境整備が必要となる。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年12月5日のニュース