大谷 中田超えチーム最高俸は微妙「お金で立ち位置変わらない」

[ 2016年12月5日 07:33 ]

記者に囲まれる大谷
Photo By スポニチ

 千葉・鎌ケ谷で自主トレ中の日本ハム・大谷は5日、札幌市内の球団事務所で大トリの契約更改交渉に臨む。

 今季は投打にフル回転し、日本一に貢献したが来オフのメジャー挑戦容認で年俸2億円からの大幅アップはなさそうだ。

 球団側は来シーズン限りでチームの大黒柱を失うリスクを負うことになり、諸条件を含む単年契約となるもよう。中田の年俸2億8000万円(プラス出来高)を超えるチーム最高年俸は微妙な状況で、大谷は「楽しみといえば楽しみ」とした上で「お金で(自分の)立ち位置が変わるわけではない。もちろん(お金は)大事だけど、自分の中で一番大切なものという感覚はない」と淡々。また、来オフのメジャー挑戦の話し合いについては「あるかもしれないし、ないかもしれない」と含みを持たせていた。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年12月5日のニュース