新人王・高梨“第二の故郷”山梨凱旋 恩師墓前へ「報告に行きたい」

[ 2016年12月5日 09:10 ]

日本プロ野球選手会「ベースボールクリスマス2016in山梨」 ( 2016年12月4日    山梨県甲府市・山日YBS野球場 )

子供たちとキャッチボールを行う日本ハム・高梨(右)と巨人・松本
Photo By スポニチ

 新人王に輝いた日本ハム・高梨が「第二の故郷」という山梨に凱旋した。

 出身は千葉だが、山梨学院大で4年間プレー。「凄く懐かしい。僕を成長させてくれた場所です」。イベントでは子供たちと笑顔で触れ合い「元気をもらった」と笑顔を見せた。母校の監督だった恩師の高橋一三氏(元巨人、日本ハム投手)は、昨年7月に69歳で死去。高梨は「墓前に(新人王の)報告に行きたい」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年12月5日のニュース