PR:

ついに大器が目を覚ました!?開幕から躍動する高橋、細谷、坂田

中日の高橋

 プロ野球も開幕し約15試合が経過。期待通りの活躍をしている選手、反対にスタートダッシュに乗り遅れ、なかなか本来の力を出し切れない選手と様々だ。

 そんななか、これまで「将来の主軸候補」と期待されながらも、結果を出せなかった選手たちが、「今年こそは!」と意気込み、開幕から目を見張る活躍を見せている。雌伏の時を経て、覚醒しつつある3人の打者を取り上げる。

◎高橋周平(中日)

 東海大甲府高時代は、通算71本塁打を記録するスラッガーとして注目を集めた高橋。甲子園出場はなくとも、高校日本代表で主軸を任され、木のバットに対応して活躍した。

 2011年のドラフト会議では1位で中日、ヤクルト、オリックスの3球団が競合。高木守道監督(当時)がクジを引き当て、中日に入団した。

 プロ1年目から1軍に昇格し、6月に放ったプロ入り1号は、ドラフト制度導入後、高卒新人の最年少本塁打記録を更新した(18歳4カ月)。1軍ではもう1本スタンドに打ち込み、2軍でも7本塁打を記録。ウエスタン・リーグの本塁打王となり、大器の片鱗を見せつけた、順風満帆な1年目を過ごしたといえる。

 2年目にはルナの故障離脱により、シーズン途中から三塁手のレギュラーに定着。着々と経験を重ねていった。しかし、同じ三塁手を守るルナからレギュラーを奪うことができず、成績も伸び悩む。出場機会を得るために高校時代の遊撃手に再挑戦したり、背番号を31→9→3と変更して心気一転を図るも、なかなか殻を破れず、周囲の期待に反する結果しか残せなかった。

 今季はルナが広島へ移籍。若返りが求められるチーム方針もあって開幕から「7番・三塁手」で出場する。そして本拠地開幕戦となった3月29日の広島戦では勝ち越し打、31日の試合では逆転の満塁弾と、勝負強さを発揮。4月5日からは「3番・三塁手」の座を獲得した。同学年である大卒ルーキーも活躍する中、一足先にプロ入りした高橋周平の潜在能力も開花しつつある。

◎細谷圭(ロッテ)

 太田市商高時代は長距離砲として活躍。2005年の高校生ドラフトでロッテから指名を受けた。

 プロ3年目には1軍出場を果たし、プロ初スタメンで初安打となる同点打初ヒーローインタビューも経験した。2軍では中軸で起用されることも多く、将来を嘱望された。中心選手だった西岡剛がチームを去った2011年には、その後釜として期待されたものの、自身のケガもあってレギュラー定着とまではならず。それからは代打、代走、守備固めでの起用が多く、本来持っている力を出し切れずにいた。

 プロ11年目となった今季は、オープン戦から好調さをアピール。3月29日の楽天戦に「2番・三塁手」で初スタメン。初回にいきなりフェンス直撃の二塁打を打ち、アピールすると、翌30日の楽天戦からリーグタイ記録となる3試合連続三塁打をマーク。4月7日のソフトバンク戦では6打数5安打5打点の固め打ちもあり、一時はパ・リーグの打率トップに立った。

 今江敏晃(楽天)、ルイス・クルーズ(巨人)という内野の中心選手がチームを離れ、その穴を埋める期待をされていたヤマイコ・ナバーロが開幕から出場停止と、内野陣で暗い話題が続いたロッテ。細谷の覚醒は、チームにとって好影響を及ぼしているはずだ。

◎坂田遼(西武)

 横浜創学館高から函館大を経て、2008年ドラフト4位で西武に入団。その体型と打撃スタイルから「左のおかわりくん」と評される。

 プロ2年目の2010年、39試合の出場で8本塁打という自慢の長打力で台頭。しかし翌2011年は、出場機会が倍増するも本塁打はわずか2本に終わってしまった。なかなか継続して結果が残せないでいると、さらなる試練が坂田に襲いかかる。タイミングを掴み、好調だった2013年のシーズン途中に左肩を脱臼で勢いを止められると、翌年も同じ箇所を3月に脱臼。手術を受け、ついに1軍出場がゼロ試合のシーズンを過ごしてしまう。背番号を88に変えて臨んだ昨年は、高校の後輩・秋山翔吾がブレイクを果たすものの、同タイプの森友哉の活躍もあって、坂田自身は2軍での出場がメインだった。

 しかし今年はオープン戦で鈴木大地(ロッテ)と並ぶ、12球団トップの打率.400をマーク。そのまま開幕戦「6番・右翼手」の座を奪いとった。4月2日の楽天戦では4対15と大敗を喫したなかで、猛打賞と一人気を吐き、4月5日の日本ハム戦では、今季1号を含む2安打3打点と活躍。その後、13試合連続スタメンだったが、12日は相手が左腕の和田毅(ソフトバンク)だったこともあり、初のスタメン落ちとなってしまった。今後も流動的に起用されていくことが増えるだろう。その中で結果を残すことができるか?

 西武が以前から課題としていた「右翼手の定位置争い」。坂田がケガなく1年を通してプレーし、その長打力で強力打線の一角を担うことができれば、チームの課題は解消され、上位進出の可能性がグッと上昇するに違いない。(『週刊野球太郎』編集部)

[ 2016年4月15日 09:20 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(野球)

      ※集計期間:10月21日00時〜01時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      プロ野球

      特集・コラム