トラウト先頭打者弾で史上初の2年連続MVP!米球宴はアが3連勝

[ 2015年7月15日 13:15 ]

<ナ・ア>初回に先頭打者弾を放つア・リーグのトラウト

オールスター ア・リーグ6―3ナ・リーグ

(7月14日 シンシナティ)
 米大リーグの第86回オールスター戦は14日、レッズの本拠地シンシナティのグレートアメリカン・ボールパークで行われ、ア・リーグが6―3でナ・リーグを下した。これでア・リーグが3連勝となった。

 試合は初回からドラマが生まれた。ア・リーグ1番のトラウト(エンゼルス)が球宴で史上6人目となる先頭打者本塁打。ナ・リーグ先発を任されたグリンキー(ドジャース)の直球をとらえて、弾丸ライナーを右翼席へ運んだ。この活躍でトラウトは2年連続2度目の最優秀選手賞(MVP)に輝いた。2年連続の受賞は史上初の快挙。

 その後、ア・リーグは1―1の5回にフィルダー(レンジャーズ)とケーン(ロイヤルズ)の連続適時打で2点を勝ち越した。7回にはフィルダーの犠飛などで2点を加えて突き放した。

 ア・リーグのカイケル(アストロズ)、ナのグリンキーの両先発はともに2回1失点だった。

 ア・リーグは通算成績を41勝43敗2分けとし、ワールドシリーズの本拠地開幕権を手にした。日本選手は4年ぶりに選出されていない。また、ヤンキース、レッドソックスのどちらかの選手が1人も先発メンバーに名を連ねないのは史上初となり注目を集めていた。

続きを表示

この記事のフォト

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2015年7月15日のニュース