中村紀洋「浮き沈みだらけ」年俸400万円の時には「保険とか全部解約」

[ 2015年6月18日 05:30 ]

「ナカイの窓」に出演した中村紀洋。写真は昨年12月、イベントに参加した際に撮影

 プロ野球の近鉄、中日などで活躍した中村紀洋(41)が17日、日本テレビのトークバラエティー番組「ナカイの窓」(水曜後11・59)に出演した。

 この日は「浮き沈み芸能人SP」と題して森脇健児(48)、DJ KOO(53)、篠原ともえ(36)、小島よしお(34)とともに出演。

 「浮き沈みだらけです。7球団ですよ。2年ごと…球団ともめたというか…」と苦笑い。年俸についても02~04年に5億円だったが、2007年に育成選手として中日と契約した際の年俸はわずか400万円。「保険とか全部解約した。払えないから」と語った。総合司会の中居正広(42)から「貯金とかなかったの?」と聞かれると「使っていますよ。毎日、10人くらいずつ若手選手と食事に行って、1回50万円くらい払っていた」と答えていた。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2015年6月18日のニュース