逆転Vへ“普段着野球”だ!福留「自分たちの野球をやるのが一番」

[ 2015年6月18日 08:00 ]

 阪神・福留孝介外野手(38)が逆転Vへのキーワードに「普段着野球」を掲げた。

 「自分たちの野球をやるのが一番。どういう状態であろうと、上ばかり見るのではなく足元を見て、空いている期間で(必要なことを)やっていくのが大事。目の前のことをしっかりやるしかない」

 経験豊富なベテランだけに、言葉に説得力があった。開幕から打線は低調な状態が続くなど決してチーム状態が良くない中での3位。そんな現状を嘆くのではなく、首位・巨人と僅差であることを良しとした。

 「自分たちがまだこの位置にいるというのは状態を上げていけば上を目指せるということ。上に立つためにみんなやってるわけだし、そのチャンスがある」

 リーグ戦再開に向け、福留には心強いデータがある。今季、藤浪が先発した試合では打率・286、3本塁打で、最近5試合では20打数8安打の打率4割、2本塁打、5打点を誇る。まさに好相性。「不敗」神話を継続中の若き右腕を、後方からサポートしていく。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年6月18日のニュース