巨人007ビビった!“恐怖の1番”鳥谷 満点2二塁打

[ 2015年2月22日 08:13 ]

<D・神>3回1死、鳥谷は左翼線二塁打を放つ

オープン戦 阪神5-7DeNA

(2月21日 宜野湾)
 1番打者としては申し分ない働きだった。阪神・鳥谷が2本の二塁打でチャンスメークし2得点。順調な仕上がりを見せると同時に和田監督が描く構想に早くも満点回答した形となった。

 「ストライク、ボールをしっかり見るということを試合でもできている。実戦でも違和感なく動けていますね」

 初回に右翼線二塁打し3回1死からは三塁線を突破する二塁打。昨季、チームが苦手とした山口だが、鳥谷にとっては9打数4安打の相性の良さをそのまま生かした。

 鳥谷の1番は味方にとっては頼もしい限りだが、他球団からすれば脅威のひと言。この日、観戦した巨人の森中聖雄スコアラーは「いきなり出塁率の高い鳥谷がいたら嫌。四球も選べるし長打も打てる。得点パターンが増えることになる」と頭を抱えた。

 和田阪神の象徴となるであろう「1番・鳥谷」。恐怖のリードオフマンとなるべく、背番号1は開幕へ向け確実に進んでいく。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年2月22日のニュース