賢介 貫禄マルチ!4キロ減“日本仕様ボディー”でキレキレ

[ 2015年2月22日 05:30 ]

<日・楽>初回無死一塁、田中は右前打を放つ

オープン戦 日本ハム2-2楽天

(2月21日 名護)
 華麗なバットさばきは変わらない。初回無死二塁。レンジャーズ傘下3Aから3年ぶりに古巣に復帰した日本ハム・田中は、横山の直球を右前にはじき返し「進塁打を意識しながら打つことができた」。オープン戦初打席初安打はさすがの貫禄。1点を追う6回2死でも上園のフォークボールを右前に運びマルチ安打とした。

 日本仕様の肉体、打撃フォームを取り戻しつつある。渡米前は体重が78キロだったが「米国は地面が硬く、走るにもパワーが必要だった」と85キロまで増量。だが、人工芝球場が多い日本では打球速度が速く、グラウンド上でより素軽さが求められる。現在は81キロまで絞り「あと1キロ落としたい」と言う。さらに米国は日本に比べてマウンドが高いため投球の角度に対応をしようと、知らず知らずのうちにスイングがアッパー気味になっていた。今はレベルスイングに改善されている。

 打撃練習ではミートと同時にバットを止めて、繰り返しミートポイントを確認するなど、経験から裏打ちされた引き出しの多さも強み。試合後も室内練習場で打ち込み「今後も息切れしない程度にやっていきたい」と力を込めた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年2月22日のニュース