真中監督、完封リレーで“初陣”勝利 畠山が「感触は良かった」と先制ソロ

[ 2015年2月22日 16:38 ]

オープン戦 ヤクルト4―0日本ハム

(2月22日 浦添)
 ヤクルトは22日、キャンプ地の沖縄・浦添市民球場で日本ハムとオープン戦を行い、4―0で勝って真中満監督(44)の“初陣”を白星で飾った。

 ヤクルトは4回、畠山の左越え1号ソロで先制。さらに1死二塁としてから中村の左越え適時二塁打で加点した。

 6回に内野ゴロの間に1点を加えた後、8回には相手のバッテリーミスで二塁走者が一気に生還し、4点をリード。投げては先発して2回を1安打に抑えた由規の後を杉浦、ロマン、木谷、児山と5人の無失点リレーでつないだ。

 先制本塁打を放った畠山は「感触は良かった」と振り返り、先発マスクをかぶって追加点となる二塁打も放った中村は「どうやったら勝てるのか、これからもチームのことを考えてやっていきたい」と頼もしかった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年2月22日のニュース