阪神ドラ2石崎 先発で3回3安打1失点

[ 2015年2月22日 14:35 ]

<中・神>力投する石崎

オープン戦 阪神6―1中日

(2月22日 北谷)
 阪神のドラフト2位ルーキー石崎(新日鉄住金鹿島)が、中日とのオープン戦で先発し、3回3安打1失点、3三振1四球だった。

 初回は三者凡退に抑える上々の立ち上がり。2回は2死から高橋周を歩かせるも、続く遠藤を二ゴロに仕留めて無失点で終えた。

 2点リードの3回、先頭の松井雅に初安打となる遊撃内野安打を打たれ、続く松井佑は空振り三振に抑えるも大島に中前打を許して1死一、三塁。大島の二盗で1死二、三塁とされた後で荒木に適時打を打たれ、1点を返された。4回からは、2番手の岩本にマウンドを譲った。

 石崎は17日の楽天との練習試合では9回から登板。2死から適時打を浴びて同点に追いつかれ、その後もボークを取られるなど悔しいデビュー戦となっていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年2月22日のニュース