巨人・小林 中日・大島に聞いて学ぶ 日本生命先輩と自主トレへ

[ 2014年12月27日 05:30 ]

広陵OB野球教室で子供たちにバッティングを教える巨人・小林

 巨人の正捕手候補・小林が、中日・大島に学ぶ。年明けに古巣の日本生命で合同自主トレを行う予定で「一緒になれば、いろいろ聞いてみたい」と目を輝かせた。内容は打者と走者、それぞれの思考だ。

 「大島さんは簡単にアウトにならない。自分も嫌らしい打者になりたい。感覚や考え方、取り組みを聞いてみたい」という打者心理に加え、「走る時にはどういう心理なのかとか、聞ければいいですね」と走者の心構えにも興味津々。4歳上の先輩の打撃を盗み、捕手としては塁を盗ませないための進化を目指す。

 この日は広島・野村、日本ハムのドラフト1位・有原ら広陵OBが集結し、広島市内で小学生226人を相手に野球教室。07年夏の甲子園で準優勝した野村とのバッテリーを再現したものの中前打を許し、苦笑いを浮かべていた。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年12月27日のニュース