内海 まさかの8失点「点を取られている、というレベルの取られ方ではない」

[ 2014年2月22日 17:52 ]

2回無死満塁、内海は多村のピッチャー返しの打球を捕れず、中前に抜け2点適時打を許す

オープン戦 巨人2―10DeNA

(2月22日 那覇)
 開幕投手を狙う巨人の内海は今季初の実戦登板で不満を大きく残した。「点を取られている、というレベルの取られ方ではない」と2回8失点だった内容を自嘲気味に振り返った。

 「決め球が甘くなった。ゲーム中に修正できなかった」と言うように2回、多村に2点適時打を許すなど先頭打者から四球を挟んで4連打を浴びた。その後も失策が絡み、この回だけで8点を失った。「しっかりピッチングとか練習をすれば修正できる。いい糧にして、次、頑張りたい」と自らを戒めた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年2月22日のニュース