12球団 オープン戦突入 バレ“今季1号” DeNAは巨人に大勝

[ 2014年2月22日 16:43 ]

楽天戦の3回無死、ヤクルト・バレンティンは本塁打を放つ

 プロ野球のオープン戦は22日、沖縄と宮崎で計6試合が行われ、12球団すべてが登場した。

 ヤクルトは昨季60本塁打のプロ野球新記録を樹立したバレンティンが早くも“今季1号”を記録。2年連続日本一を狙う楽天はそのヤクルトに7―4で勝った。

 初のクライマックスシリーズ進出が1つの目標となるDeNAは、セ3連覇を狙う巨人に10―2で大勝。日本ハムは大谷が先発し、本塁打を打たれたものの7―1でロッテに快勝。ソフトバンク、オリックスがそれぞれ西武、中日に勝ち、広島は9回に追い付き、阪神と2―2で引き分けた。

 オープン戦は3月23日まで行われ、公式戦は28日にセパ両リーグが同時に開幕する。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2014年2月22日のニュース