ブラ特大2発で新パフォ「アナコンダ」披露 理由はトイレで…

[ 2014年2月22日 05:30 ]

シート打撃で特大の2発を放ったブランコは練習後に新パフォーマンス?「アナコンダ!!」を披露する

 これぞ、アナコンダパワーだ。DeNAのブランコがシート打撃で特大の2発。1打席目に左中間席へ運ぶと、2打席目にはバックスクリーンに直撃させた。普段は物静かな助っ人だが、2打席連続本塁打に興奮し、両手を膝から天高く広げて叫んだ。

 「アナコンダ!」。突然の新パフォーマンス披露。名付け親は中畑監督だった。トイレでブランコと隣同士になった際、股間をのぞきこんで驚がく。「あそこがアナコンダだよ!」と巨大ヘビになぞらえた。2発は三浦と久保の主力投手から放ち、いずれも初球の直球に反応。アナコンダも驚きの速攻劇だ。ブランコは「力強いいい打球だった」と振り返り、新パフォーマンスには照れながら言った。「盛り上げたいけど、あまりやると相手を刺激する。慎んでやりたい」

 昨年は首位打者、打点で2冠王を獲得。今季は本塁打でもヤクルト・バレンティンに勝ち、3冠王を目指している。主砲のすさまじいパワーを見届けた中畑監督は「2本とも完璧!」と“アナコンダ級”の絶賛だった。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2014年2月22日のニュース