マー君 メジャー挑戦表明に「残念」と地元ファン 「当然」の声も

[ 2013年12月17日 17:34 ]

 プロ野球東北楽天ゴールデンイーグルスの田中将大投手が米大リーグ移籍希望を表明したことを受け、楽天の地元、宮城県内では17日、「残念」「残ってほしい」の声が広がった。一方、「大リーグ行きは当然」と応援するファンもいた。

 楽天の本拠地、仙台市の日本製紙クリネックススタジアム宮城。球場前で同市宮城野区の主婦(38)は「マー君がいたから優勝できた。メジャーに行ってほしくない」と残念そうな表情を見せた。

 東日本大震災で被災した宮城県石巻市の仮設商店では、店主の浮津聡さん(46)が「来年も残ってほしいが、田中投手はこの挑戦を念頭に頑張ってきたのだろう。球団も気持ちよく送り出してほしい」と話した。

 仙台市若林区の会社員蔦谷博美さん(57)も「大リーグ行きは当然。田中投手は日本が誇る素晴らしいピッチャー。日本野球のスキルの高さを見せてほしい」と期待を込めた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年12月17日のニュース