ソフトバンク、日本一奪回へ 来季のスローガンは「俺がやる。」

[ 2013年12月17日 15:30 ]

来季のスローガンを掲げ、記者会見するソフトバンクの秋山監督=17日、ヤフオクドーム

 ソフトバンクホークスは17日、来季のスローガンが「俺がやる。」(○の中に俺)に決まったと発表した。

 今季は4年ぶりにBクラス(4位)に終わった。日本一を奪還する年と位置付ける来季に向けて大型補強を進めているが、V奪回には「一人ひとりが責任感を持って、準備をし、何事にも意欲的に取り組む“必死さ”が不可欠」とし、「他の誰でもない、俺がやる。強い気持ちを持って、困難を真正面から受け止め、自分自身で突き破る逞しさ」を選手に求めている。

 「俺がやる。」は「心にほとばしる熱い決意を、選手とファンとが誓い合う力強い言葉」とも説明している。

 会見に臨んだ秋山監督は「来季は投手も野手もチーム内で高いレベルの競争が待っている。その中で自分のポジションを勝ち取っていかないといけない」と宣言。ファンへ「皆さんにも、今年の流行語のように『誰がやるの? 俺がやるでしょ!』といったように親しんで使って頂ければ」と呼びかけ、選手には「お立ち台で『俺がやった! 俺がヒーローだ』と胸を張って言えるような頑張りを期待したい」と話した。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2013年12月17日のニュース