原監督 松井氏にフリー打撃の実演要望!実現すれば12年ぶり

[ 2013年12月17日 12:01 ]

ハワイでの優勝旅行から帰国した原監督

 ゴジラよ、打ってくれ。巨人・原辰徳監督(55)が16日、来春の宮崎キャンプに臨時コーチとして参加予定のOBの松井秀喜氏(39)に指導の一環として、フリー打撃の実演を要望することを明かした。

 「私が指示できるのであれば、やってもらいたい。生きた教材が来るわけですからね。55番だもん。ポンポン放り込むでしょう」。昨季限りで現役を退いたOBに対する異例の要望。日米通算507本塁打を誇る松井氏の特大アーチを、サンマリン宮崎で久しぶりに見たい。実現すれば、巨人最終年だった02年以来12年ぶりの宮崎キャンプでのフリー打撃となる。

 松井氏も望むところだろう。阿部が米ニューヨークを訪れた今月上旬、自身が浪人中に使用していた市内のバッティングセンターへ共に出向き、阿部のバットを借りて鋭い打球を放った。「現役復帰、色気が出たよ」と胸を張り、阿部も「まだできるんじゃないかな」と驚いた。今夏にヤンキース傘下1Aスタテンアイランドに練習参加した際も、フリー打撃で柵越えを放っていた。

 野球ファンにとってもたまらないゴジラの打撃練習。ただ、原監督は「それは目的じゃない。結果的にそうなればいいけどね」という。選手に教えるだけでなく、実際に打ってもらえたら、これ以上の指導法はない。見て学べ。監督自身も「近い範囲の中で打って見せることはある」とティー打撃などで、自らバットを持ってボールを打つことはあるが、現役を退いたばかりの松井氏だからこそできる指導となる。

 日程は未定だが、松井氏が臨時コーチを行う期間には、恩師の長嶋茂雄終身名誉監督も宮崎キャンプを訪れる予定。国民栄誉賞コンビの共演に加え、55番のユニホームを着た松井氏の打撃練習が見られるとなれば、盛り上がることは間違いない。

 ▽サンマリンスタジアム宮崎 宮崎市大字熊野の総合運動公園内に01年2月開場。収容人員3万人。両翼100メートル、中堅122メートル。公園内には、ひむかスタジアム、木の花ドーム、軟式野球場、陸上競技場など施設が充実。JR宮崎駅から車で約25分、宮崎空港からは約20分。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年12月17日のニュース