大谷 初の三塁打 試合前の二刀流調整も慣れた

[ 2013年8月29日 06:00 ]

<日・西>9回、手を合わせて勝利を祈る大谷(中央)

パ・リーグ 日本ハム1-2西武

(8月28日 札幌D)
 日本ハム・大谷が初の三塁打を放った。

 4回に十亀の変化球を力強くはじき返し、中堅手が処理にもたつく間に悠々と三塁を陥れた。6回にも内野安打。ともに得点には結びつかなかったが、試合前まで10打数1安打と苦手にしていた十亀から2安打をマークした。試合前は投手としてブルペンで30球を投げた後に、打者としてフリー打撃に臨んだ。「ブルペンの球数が少なかったからばたばたしなかった」と「二刀流」での調整にもすっかり慣れた様子だった。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2013年8月29日のニュース