オリックス、攻守に甘さ 3季連続楽天戦負け越し

[ 2013年8月29日 22:16 ]

パ・リーグ オリックス2―4楽天

(8月29日 ほっと神戸)
 オリックスは攻守で詰めが甘く、3季連続で楽天戦負け越しが決まった。西は1回無死一、二塁を併殺打で2死までこぎ着けながらもジョーンズ、マギーに痛打された。ともに追い込んでいただけに「何とか切り抜けないといけなかった」と悔やんだ。

 打線は2回、犠打に失敗するなど、つながりを欠いた。優勝を狙うチームとの差が如実に表れた試合運びに、森脇監督は「うちより楽天の執念、集中力が上だった」と力なく振り返った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年8月29日のニュース