ソフトバンク 自力V消滅 ロッテ戦負け越し決定

[ 2013年8月29日 06:00 ]

<ソ・ロ>6回途中で降板した武田はベンチでガックリ

パ・リーグ ソフトバンク2-3ロッテ

(8月28日 ヤフオクD)
 ソフトバンクは今季19度目となる1点差負けで自力Vの可能性が消滅した。

 4回に先発の武田がブラゼル、荻野貴に2連続適時打を浴びて2失点。6回途中で降板し、「先制点を与えたのが全てです」と肩を落とした。打線は3点を追う7回に2点を返しただけ。対唐川は11年10月15日から6連敗だ。ロッテ戦負け越しとなり、マジックが点灯した楽天とは7.5ゲーム差に開いた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年8月29日のニュース