青木 5打席全て出塁 ここ10試合は打率・367

[ 2013年8月29日 06:00 ]

<パイレーツ・ブルワーズ>勝利し、笑顔でチームメートとタッチを交わすブルワーズ・青木(右)

ナ・リーグ ブルワーズ7―6パイレーツ

(8月27日 ピッツバーグ)
 ブルワーズの青木が2安打3四球と5打席全てで出塁した。

 初回、内角高めの直球を叩きつけて遊撃内野安打とすると、3回にも再び遊撃内野安打。最近10試合は30打数11安打で打率・367と好調をキープしており「(右膝に)痛みはあるが、結果もついてきてるし、試合に出られないほどのケガではない」と充実した表情を見せた。試合後、唯一悔やんだのが5回の守備。右中間への飛球に追いつきながら捕球できず、相手打線に反撃のきっかけを与えてしまっただけに、チームの勝利にホッとしていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年8月29日のニュース