前橋育英 初出場初Vに導いた指導法 荒井監督哲学は「凡事徹底」

[ 2013年8月24日 10:16 ]

荒井監督の帽子のつばには座右の銘の「凡事徹底」の文字が書かれている

 今夏の甲子園で、前橋育英(群馬)を初出場初優勝に導いた荒井直樹監督(49)。同校の監督就任12年目にしてつかんだ栄光は「凡事徹底」を信条としたチームづくりが背景にあった。社会人野球のいすゞ自動車で13年間プレーする中で学んだ哲学だ。全力疾走、丁寧なキャッチボール、ごみ拾い…。コツコツと物事を続けることの大切さを選手に説き、日本一の監督になった。

 荒井監督の座右の銘は「凡事徹底」。いすゞ自動車を引退後、日大藤沢(神奈川)で監督を務めていた際に、清掃業者の標語として使われていた言葉を雑誌で目にした。

 「本物というのは中身の濃い平凡なことを積み重ねること、と書いてあった。自分の求めている言葉でした」

 荒井監督が技術的な失敗で選手を怒ることはない。甲子園出場を何度も逃し、甘いと叱責(しっせき)される時期もあったが「結果はコントロールできない。結果が出ないのは監督のせいだから思い切りやれ」と徹底し、取り組む姿勢を重視した。キャッチボールではただ投げるのではなく、一球一球どこに、どうやって、どう投げるかを考えさせた。打った瞬間にアウトだと分かるゴロでも、全力疾走を求めた。誰でもできることを徹底する。その背景には自身の社会人時代の経験があった。

 日大藤沢時代は投手。だが3年夏にエースナンバーをつけていたのは1学年下の後輩・山本昌(中日)だった。2試合連続ノーヒットノーランという記録を打ち立てたが、大事な試合での登板機会はなく、甲子園にも手が届かなかった。卒業後、いすゞ自動車に進んだが3年で投手から野手に転向。三塁や一塁など複数のポジションをこなした。「投手をクビになったときは野球人生の終わりだと思った。その後も毎年クビ候補でした」と振り返る。

 平凡な実力しかない自分に何ができるのかを考え抜いた。「自分はセンスがないので、すぐにポンとできるタイプじゃない。じっくり時間をかけてやるタイプなんです」と、素振りでは一振りに集中した。チームでは野球の技術よりもトイレ掃除や、靴のそろえ方を指導された。クビを覚悟して臨んだ野手転向3年目のシーズンにレギュラーの座をつかみ、当初は大学生にも負けていたチームで、6年目にして18年ぶりの都市対抗出場を果たした。その後、自身は都市対抗に7度出場した。何事も徹底して行うことの大切さを成功体験を通じて学んだ。この経験が指導の基礎となっている。

 荒井監督は02年に前橋育英の監督に就任すると、理想のチームづくりに着手した。「自分のチームをつくりたいから協力してほしい」と妻・寿美世さんに野球部の寮母を任せ、家族で神奈川から移った。就任時は部員の暴力問題が起きた直後だった。毎朝選手とともに寮の周りを散歩しながら、ごみ拾いを始めた。練習がオフの月曜日には清掃活動など地域のボランティアにも従事。甲子園大会中、大阪市内の宿舎でもごみ拾いを続けた。「地元から愛されるチームにしたい」と県外からの選手はほとんど獲らない。今では地元から温かい声援を受けるチームになった。

 選手を我が子のようにかわいがる一方、次男の4番・海斗には一選手として接することを徹底し、鍛え上げた。主将に任命し、基礎練習の大切さを次男を通じて選手に浸透させた。甲子園決勝後、海斗は父の教えについて「誰にでもできることを、誰もできないくらいやろう、という言葉が一番頭に残っている」と言った。

 荒井監督は試合中、ユニホームのポケットに手のひらサイズのスコアブックを入れ、書き込みながら試合展開を読む。「始めた頃は“意味がない”といろいろな人から言われました。それでも続けることが大事なんです」と信念を貫き通した。例えば守備もそう。「守備は自分たちの意図通りできる確率が高い」と基本練習に時間を割いた結果、甲子園では6試合で9併殺を記録。決勝戦の延岡学園戦の試合前には「お前たちの守備力を見せてやれ」と言って選手を送り出し、3回にはエースの高橋光と三塁手の海斗が2度続けて相手のバントを封じた。

 12年間コツコツと積み重ねてきた「凡事」は、甲子園の舞台でついに花開いた。「注目されようがされまいが、変わらない自分で居続けることが大事、と選手に言いながら自分に言っている」。甲子園優勝監督になっても、荒井監督は信念を変えない。

 ◆荒井 直樹(あらい・なおき)1964年(昭39)8月16日、神奈川県横浜市生まれの49歳。日大藤沢(神奈川)では投手を務め、3年夏の神奈川大会で、2試合連続ノーヒットノーランを達成した。卒業後にいすゞ自動車自動車で投手を3年間務めた後、野手に転向。13年間プレーし、7度都市対抗野球に出場した。その後、日大藤沢で監督を3年間務め、99年に前橋育英のコーチに就任。02年から同校監督を務める。

続きを表示

この記事のフォト

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2013年8月24日のニュース