阪神 土壇場逆転で3連勝!西岡V打「帰って巨人戦見たい」

[ 2013年8月24日 17:59 ]

<中・神>9回表1死一、三塁、西岡は勝ち越しとなる中前適時打を放つ

セ・リーグ 阪神4―1中日

(8月24日 ナゴヤD)
 阪神が土壇場からの逆転勝ちで中日を下し、3連勝で3年ぶりに貯金を16とした。

 10勝目を目指した先発・藤浪を打線が援護が出来ず、0―1で迎えた9回。中日の4番手で登板した守護神・岩瀬の代わりバナに畳み掛けた。1死一塁から代打・関本が右中間二塁打を放ち、二、三塁。続く代打・浅井の三塁へのゴロが失策となって同点に追いつくと、さらに続いた1死一、三塁で西岡が中前に適時打を放ち、逆転した。さらに2死満塁からマートンが左中間に2点適時二塁打。一挙にこの回4点を挙げると、その裏は福原が1回を1安打無失点で切り抜けた。ナゴヤDでの阪神の4連勝は07年以来というおまけまでついた。

 逆転打を放った西岡は「チームがチャンスを作ってくれた。投手が岩瀬さんなので、気持ちでいくしかなかった。(打球は)いい当たりではなかったが、よく落ちてくれた。いい当たりではなかったけど、結果が出ればいい。きょう勝てたことが一番です」と笑顔を見せた。

 巨人のナイターの結果次第ではゲーム差が4に縮まる可能性がある。西岡は「今から帰って、巨人戦をしっかり見たいです」と不敵に笑った。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年8月24日のニュース