浅井 3安打も守備で平野と交錯…負傷交代

[ 2012年6月17日 19:36 ]

交流戦 阪神6-6ロッテ

(6月17日 QVC)
 3安打と活躍した阪神の浅井が、九回の守備で負傷した。右翼で福浦の飛球を追い、二塁手の平野と交錯。首から左肩のあたりを痛めたもようで、担架で運ばれ、試合後は救急車で病院へ向かった。球団によると、検査の結果、異常なしと診断されたという。

 捕球した平野は「浅井の声が聞こえたが“お見合い”して落とすのは絶対に嫌だった。互いにぶつかってでも捕る気持ちがあった」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年6月17日のニュース