今季最多12失点…観客 試合途中岐路に栗山監督「悔しい」

[ 2012年6月5日 23:14 ]

交流戦 日本ハム3-12広島

(6月5日 札幌D)
 日本ハム投手陣は打たれに打たれ、今季最多の12失点での惨敗だった。3回に吉川が危険球で退場。準備がままならないまま緊急登板した土屋、榊原は連打を浴び、この試合まで18試合連続無失点だった森内は8回に4失点した。

 これまでは最大でも5点差以内に抑えてきた投手陣が打ち込まれるのを背に、観客は試合途中から帰路に就いた。ファンを失望させるふがいない展開に、栗山監督は「勝ち負けではなく、そういうふうにさせてしまったことに悔しいし、申し訳ない」とうなだれた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年6月5日のニュース