西口 7回を投げ切るもまた勝ち消える…

[ 2012年5月20日 18:59 ]

交流戦 西武2-6中日

(5月20日 ナゴヤD)
 西武の西口は好投したが、味方が逆転されて2勝目を逃した。降板した後に勝ち星が消えるのは今季4度目。39歳のベテランは「チームでやっていること。仕方ない」と悔しさをこらえた。

 前回登板まで6回1/3が今季最長だった39歳のベテラン。この日は7回1死満塁のピンチを犠飛による1失点でこらえ、7回を投げ切った。46歳の中日・山本昌との投げ合いも楽しんだようで「きょうは自分としては納得の投球だった。先輩に負けないように、と思っていた」と穏やかな口ぶりだった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年5月20日のニュース