西武 2度のバント失敗が響き交流戦初黒星

[ 2012年5月20日 06:00 ]

<中・西>5回、炭谷のバンドで西武の二塁走者・原は三塁アウト。左は中日・森野

交流戦 西武2-3中日

(5月19日 ナゴヤD)
 西武は2度のバント失敗が響いて、交流戦初黒星を喫した。

 2点を追う5回無死二塁で炭谷のバントは捕手前に転がり、二塁走者が三塁で封殺。9回無死一塁でも原が送りバントを2度ファウルした末、バスターに切り替えて左飛に倒れた。連勝が4でストップした渡辺監督は「野球は流れがある。きっちり決めるところで決めないといけない」と小技の不出来を嘆いていた。

 ▼西武・石井(日米通算500試合目の登板も今季初黒星)最初のストライクの取り方が良くなかった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年5月20日のニュース