春の選抜出場校 27日決定 注目は被災地の石巻工

[ 2012年1月26日 15:45 ]

 第84回選抜高校野球大会の出場32校を決める選考委員会が27日、大阪市内の毎日新聞大阪本社で開かれる。

 東日本大震災で甚大な被害を受けながらも昨秋の宮城県大会で準優勝し、東北大会まで進出した石巻工が、21世紀枠の候補になっており、春夏通じて初の甲子園出場となるか注目される。

 21世紀枠は3校、一般枠では29校(東北地区の神宮大会枠1校を含む)を選出する。

 27日は午前9時から21世紀枠候補9校の推薦理由説明会を実施。選考委員会総会で各地区別の選出校数を確認した後、21世紀枠特別選考委員会と地区別小委員会で出場校を選出する。午後3時に21世紀枠の3校から順次発表され、午後4時ごろまでには出場全32校が出そろう見込み。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年1月26日のニュース