松井 いまだにオファーなし マイナー契約なら「それはその時考える」

[ 2012年1月26日 06:00 ]

昨年、地区優勝を決めて喜ぶタイガースナインを前に、寂しげにバットを片づける松井

 アスレチックスからFAの松井秀喜外野手(37)は24日(日本時間25日)現在、メジャー各球団からいまだにオファーがない。

 代理人のアーン・テレム氏は「次の数週間に何かが大きく動くことを待ち望んでいる。ナ・リーグも含め全球団と話をしている。ヒデキにとっていい機会が生まれ、話が進めば」と現状を説明した。

 この日都内で取材に応じた松井は「待っているだけ。特に何もない」と自然体を強調。マイナー契約のオファーが届いた場合は「それはその時、考えるしかない。現時点でまだ何も考えていない」と話した。プロ20年目を迎えたゴジラが窮地に立たされた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年1月26日のニュース