斎藤の開幕宣言を歓迎 栗山監督「狙ってほしい」

[ 2012年1月26日 06:00 ]

 若い投手のこんな言葉を待っていた。プロ2年目。斎藤の「開幕宣言」に、日本ハム・栗山監督は「開幕投手はチームの顔。このオフにそれなりの手応えを感じたからの言葉だと思う。そういう意識でいてくれるのはいい。狙ってほしい」と話した。

 ダルビッシュという大黒柱が抜けた投手陣。開幕投手は実績からすれば昨年2桁勝利を挙げた武田勝、ケッペルらが候補だ。しかし栗山監督は「ダルビッシュが抜けて誰にもチャンスはある。みんなが意識を持ってきてほしい」と、現時点では横一線であることを強調。その上で斎藤について「佑樹が開幕投手をやってくれるようなら、それだけ若手がレベルアップするということ。チームにプラスアルファが生まれる」と続けた。

 大きな柱がいなくなれば、代わりの柱が生まれてくるというのが栗山監督の考え。斎藤がその柱になれるか注目だ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年1月26日のニュース