元阪神フィルダーの息子プリンス タ軍と167億円契約

[ 2012年1月26日 06:00 ]

 タイガースは24日(日本時間25日)、昨季38本塁打、120打点でブルワーズからFAのプリンス・フィルダー内野手(27)と9年総額2億1400万ドル(約166億9200万円)で合意に達した。

 タ軍は今月中旬にDHのマルティネスが左膝を故障し、今季絶望に。急きょ打線強化を迫られていた中で、マイク・イリッチ・オーナーの鶴の一声で巨額を捻出し、電撃契約を結んだ。タ軍は89年に阪神でプレーした父セシル氏が、90年から2年連続本塁打王、3年連続打点王を獲得した古巣。セシル氏は「デトロイトは彼が少年時代のほとんどを過ごした場所。だから居心地がいいと思う」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年1月26日のニュース