アンケートで判明 巨人 午後7時試合開始を導入

[ 2012年1月26日 09:48 ]

 巨人が25日、7月25日の水曜日に東京ドームで行われるDeNA戦を午後7時に開始すると発表した。

 昨年は主催試合の観客動員が271万6974人と、05年の実数発表開始以来のワーストを記録。仕事帰りのサラリーマンをターゲットに、新たな試みに着手する。

 試合開始を通常より1時間遅らせる大胆な改革。桃井恒和球団社長は「こんな時代だから、いろいろ試していこうということです」と説明した。巨人は読売新聞とともに昨季、東京ドームの来場者を対象にさまざまな調査を実施。

 その中で「会社帰りでもプレーボールから試合を見たい」という意見が多数、寄せられたという。そこで今季、後半戦初戦で夏休み期間の1試合で試験的に「午後7時開始」を実施。原監督にも伝えて快諾を得た。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年1月26日のニュース