ダル不在で混戦!斎藤 謙虚に開幕投手狙う「争いたい」

[ 2012年1月26日 06:00 ]

自主トレを公開した日本ハム・斎藤はブルペンで捕手を立たせて35球

 日本ハムの斎藤佑樹投手(23)が25日、千葉・鎌ケ谷で自主トレを公開。ダルビッシュ有投手(25)がメジャーに移籍したことで大混戦が予想されるチームの開幕投手争いに、堂々と名乗りを上げた。

 「佑ちゃんフィーバー」から約1年。謙虚で控えめな言動は一緒でも、プロでの1年間は斎藤の表情に確かな自信を植え付けた。昨年まで5年連続で開幕投手を務めたダルビッシュがメジャー移籍。「開幕投手を狙う?」と問われた23歳は、「やっぱり夢でもある。争いに入れるようにしたい」と目を輝かせた。

 1年目の昨季は故障離脱もあり6勝6敗に終わった。プロ初のオフは年末年始も体を動かし、瞬発力を養う初動負荷のトレーニングも導入。筋力アップにも成功して「オフに入る前より体重は減ったけど、ムキムキになってきた感じ」と胸を張る。「細マッチョ」に変身しつつある斎藤は、自身の似顔絵の入ったシャツを着て、捕手を立たせて35球のブルペン投球。スライダーも投じるなど順調な調整ぶりを披露し「肩は90%ぐらい。100%でキャンプに入って、初日からブルペンに入りたい」と意気込んだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年1月26日のニュース