PR:

自力優勝消滅危機 新外国人フィールズ 好機に見逃し三振

<神・巨>9回2死二、三塁、球児の外角ストレートに手が出ずフィールズは見逃し三振に倒れる

セ・リーグ 巨人1-2阪神

(7月12日 甲子園)
 盛り上がった期待の大きさだけ、失望感も大きかった。巨人は1点を追う9回2死二、三塁。一打逆転の好機で来日初スタメン、新外国人フィールズの4打席目だった。

 内角低め147キロ。外角高め146キロをいずれも見逃しで2ストライク。3球目、外角への甘いコースの149キロにも手が出ず。直球3球にバットを一度も振ることなくゲームセット。チームは今季初の4連勝を逃した。

 「負けたのは残念だし、ヒットが打てなかったのも残念。日本のピッチャーは制球がいい。日本の野球を勉強していかないと」とフィールズはうなだれたが、それほどの余裕がチームにはない。

 得点は初回、長野の左越え10号ソロだけ。2回以降7回まで二塁も踏めなかった。無死から走者を出した2、4回は小笠原、長野が併殺打。合流2試合目、6番三塁で4打数無安打3三振に終わった新助っ人を原監督は「非常に期待感を持たせる雰囲気を持ってますね」として、きょう13日も先発起用する意向を示した。だが、チームは阪神に連敗して、ヤクルトが勝てば自力優勝が消滅してしまう崖っ縁に立たされている。

[ 2011年7月13日 06:00 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(野球)

      ※集計期間:10月19日06時〜07時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      プロ野球

      特集・コラム