二松学舎大付・山岸主将 3打点でエースの不調カバー

[ 2011年7月13日 06:00 ]

東東京大会2回戦 二松学舎大付5―4都総合工科

(7月12日 神宮第2)
 二松学舎大付は2年生エース鈴木の不調を女房役の山岸主将がカバーした。

 鈴木が4回途中で都総合工科打線にKOされて3点のリードを奪われたが、4回に左越え2ラン。逆転した5回は中犠飛を放って3打点だ。「流れを取り戻そうと、次につなぐ意識でいったのが良かった」。2番手で登板した1年生・関根健の好投も引き出し「逃げないように、攻めて抑えました。(関根健は)1年生とは思えない。凄い」と笑顔で振り返った。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2011年7月13日のニュース