リーチ、横浜復帰で謝罪「自分が間違っていた」

[ 2011年7月9日 06:00 ]

再来日し、球団事務所にあいさつに訪れたリーチ

 横浜は8日、制限選手としていたブレント・リーチ投手(28)の復帰申請が日本野球機構に受理されたと発表した。

 同投手は東日本大震災や福島の原発事故の影響を恐れ3月17日に帰国。夫人が妊娠していたこともあり来日を一度は拒否し、4月1日付で他球団でプレーできない制限選手となっていた。この日再来日し、横浜市内の球団事務所を訪れた左腕は「申し訳ないし自分が間違っていた。もし自分がファンであればよくは思わない。行動で返したい」と謝罪。9日から2軍に合流し、後半戦からの1軍昇格を目指す。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2011年7月9日のニュース