連続出場ストップ 金本「全然。笑えたくらい」

[ 2011年4月15日 21:22 ]

連続試合出場が途絶え、ナインに囲まれて唇をかむ阪神・金本(中央)

 プロ野球阪神の金本知憲外野手(43)は15日、ナゴヤドームでの中日1回戦で出場が記録されなかったため、1998年7月10日のヤクルト戦から続いていた連続試合出場が1766試合で止まった。記録は現役選手では最高で、衣笠祥雄(広島)の2215試合に次いで歴代2位。

 今季は開幕から3試合に先発で出場した。この日は八回2死一塁で代打に立ったが、走者の俊介が盗塁に失敗して攻撃が終了。金本の打席は完了せず、その裏の守備にも就かなかったため、野球規則一○・二三、連続記録の規定により出場とならず、継続していた記録が途切れた。試合は阪神が5―4で勝った。

 金本と同じ広島・広陵出身の俊介選手は「申し訳ない」と肩を落とした。だが、金本は「笑えたくらい。あの盗塁はびっくりしたけど」と冗談交じりに話した。チームメートの城島は「止まったのは残念だが、一緒にプレーできて勉強になる」と話し、藤川は「すごい記録。その存在は変わらない」と敬意を表した。

 今季がプロ20年目で「鉄人」の異名を持つ金本だが、昨年4月には右肩痛のため、広島時代の99年7月21日から続いていたプロ野球記録の連続試合フルイニング出場が1492試合でストップしていた。

 開幕前、金本選手は「(昨季は)代打でつないでもらっていたが、そういう状態ならば、切れてもらった方がありがたい」と話し、真弓監督も「今季はこだわっていかなくてもいいかな」と、ともに記録に執着しない考えを示していた。足掛け14年の大記録は思わぬ形で止まってしまった。

 ▼阪神・金本知憲外野手の話 (記録が止まっても)全然。笑えたくらい。「無理して試合に出すのはやめてください」と監督に言っていた。誰が打者であれ、あそこの盗塁はびっくりしたけど。ナゴヤドームで勝てたほうが大きいからそっちを喜ばないと。

 ▼阪神・真弓明信監督の話 それ(連続記録)を気にして采配を振らないでと言っていた。今後は肩の具合を考えて(状態が)上がってくるまで休ませながらになる。

 ▼連続試合出場歴代1位の衣笠祥雄氏の話 金本君は本当によく頑張ったと思う。責任感の強い選手で、骨折などのけがをしても何とかチームに貢献しよういう思いがあるからこそ、ここまで試合に出続けることができたと思う。

 ▼中日・森野(金本の連続出場記録が途切れ)「一野球ファンとして残念」

続きを表示

この記事のフォト

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2011年4月15日のニュース