本多が決めた!ソフトB3連勝で2位浮上

[ 2008年7月27日 16:52 ]

12回、サヨナラ打を放った本多(右から2人目)に駆け寄り喜ぶソフトバンクナイン

 【ソ3-2ロ】ソフトバンクがサヨナラ勝ちで3連勝とした。1点を追う9回に小久保が力投の渡辺俊から同点の18号ソロ。延長12回2死二、三塁で本多が左前打を放って勝負を決めた。ロッテは先発・渡辺俊、抑えの荻野も詰めを欠き、3連敗。

 サヨナラ打を放った本多にナインが駆け寄る。ヒーローは、一瞬でもみくちゃに。今季9度目のサヨナラ勝ちで3連勝としたソフトバンクの王監督は「(延長)十二回まできたからね。執念だね」。

 1―2の九回一死無走者で、小久保が中越えに同点ソロをたたき込む。それまで力投していた和田の負けを消す一発だった。その後は故障から復帰したばかりの馬原を前日に続いて連投させるなど、継投でロッテに得点を許さなかった。

 そして迎えた延長十二回。二死二、三塁の場面でカウント2―2から本多がボール気味の高め球を左前へ運んだ。笑みを浮かべて打席に立った23歳は「緊張しすぎて笑いが出てきた。最後は振ると決めていた」と試合後も満面の笑みだった。

 指揮官が最近よく口にする「総力戦」で勝利をもぎ取った。日本ハムが敗れたため、5月13日以来の2位に浮上。28日からは、その日本ハムとの2連戦が待っている。王監督は「3連勝くらいで、あれこれ言っていられない。(前半戦終了まで)あと2試合だから、頑張りましょう」と気合を入れ直した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2008年7月27日のニュース