阪神交流戦ユニホームは野性味たっぷり

[ 2008年5月12日 16:02 ]

交流戦で着用する専用ユニホームを披露する阪神の安藤(右)と岩田

 阪神は12日、今季の交流戦で着用する専用ユニホームを発表した。

 従来のものよりも機能性を重視。チーム名、背番号などをアップリケで張り付けるのではなく、プリントしたことで、約100グラム軽くなった。また、縦じまの胸部分の色に濃淡をつけるなどし、本物の虎のような野性味を加えたデザインにした。帽子、ヘルメットではビジター用のつばがグレーになる。
 発表会で、安藤は「軽いし、動きやすい」と言い、岩田は「斬新なデザイン」と話した。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2008年5月12日のニュース