プロ注目の小松が13奪三振で完封

[ 2008年5月12日 06:00 ]

 東京六大学野球春季リーグ第5週第1日は11日、1回戦2試合が行われた。第1試合では法大のドラフト候補腕・小松剛投手(4年)が東大相手に13奪三振で完封ショー。東大に快勝しチームも今季5戦目で初勝利を挙げた。第2試合は立大が土壇場で追いつき引き分けた。

 【法大5―0東大】今秋ドラフト上位候補右腕のエース小松が、開幕から続いたチームの連敗を4で止めた。最速145キロ直球と、今年に入ってから習得したチェンジアップを使って13奪三振。「向こうは直球を張ってきていたので、変化球で打ち気をそらせた」と満足そうだった。上位候補としてリストアップしている阪神・菊地スカウトは「変化球を有効に使えている。フォームもしっかりまとまってきた」と評価していた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2008年5月12日のニュース