岩村、連日の“猛打賞” レ軍4連勝

[ 2008年5月12日 07:09 ]

 レイズの岩村明憲内野手は11日、エンゼルス戦に「1番・二塁」で先発出場し、5打数3安打と連日の“猛打賞”をマークした。岩村をはじめ15安打と打線が活発だったレイズは8-5で打ち勝ち4連勝。

 第1打席で中前打を放ち、先制のホームを踏んだ岩村は9試合連続安打。二ゴロ、空振り三振後の第4打席では左中間二塁打、5打席目は右前打とチームの逆転勝利に貢献した。
 チームの4連勝に「逆転されても、慌てることなく攻撃ができた」と岩村は満足げだった。自身も2試合連続の3安打となったが、いまだ打率が2割5分3厘である現状には「これぐらいで、満足していられない」と気を引き締めた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2008年5月12日のニュース