井口3安打1打点、快勝に笑顔

[ 2008年5月12日 10:01 ]

 米大リーグ、パドレスの井口資仁内野手は11日、サンディエゴで行われたロッキーズ戦に「2番・二塁」で出場、5打数3安打1打点だった。内容は遊ゴロ、遊ゴロ、二塁バント安打、右前打、左中間適時二塁打で、打率は2割6分6厘。チームは6―1で勝った。

 ▼井口の話 昨日からいい形で(打線が)つながってきた。きょうのように点が取れれば、投手も楽だし、チームも盛り上がってくる。(第3打席のバント安打は)投手が反応良く飛び出してきたので、三塁の方向に(バットを)向けてから一塁に転がし、投手が取れないようにした。(共同)

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2008年5月12日のニュース