ハツラツ隠善 初スタメンで3安打3打点

[ 2008年5月12日 06:00 ]

<巨人・中日>7回1死一・二塁隠善は右越えにタイムリー二塁打を打つ

 【巨人9―3中日】5月だけなら首位なんです――。巨人は11日、中日相手にハツラツ“ヤングG”が大暴れだ。育成選手出身の隠善智也外野手(23)がプロ初スタメンで3安打3打点するなど、亀井、坂本、脇谷の若手カルテットが計6打点をマーク。チームは5割復帰に王手をかけた。今季阪神、中日の上位相手には初の勝ち越し。5月6勝4敗は“セ・リーグ首位”だ。阪神との差はまだ7ゲームだが、5月反攻へ準備は整った。

 打球は右翼線ぎりぎりへ飛んだ。7回1死一、二塁。隠善は内角高めのチェンジアップを引っ張った。二塁で2走者の生還を見届けた背番号99は、控えめに手を叩いた。
 「一番いいデビューになりました。心臓はドキドキでも、打席では落ち着いた感じでした」
 プロ初スタメン。2回、空振り三振に倒れたが「最初の打席で簡単に三振。そこから切り替えた」。5回は右前打して、直後に初盗塁も記録。6回1死一、三塁では中前タイムリーを放った。3安打3打点。工夫と努力が生んだ数字だった。
 育成選手としてプロ入り。1年目の昨季、イースタンのロッテ戦で小林雅(現インディアンス)と対戦した。
 ▼隠善 凄い球だった。プロはこんな球を打たないといけないのかと…。打席の一番後ろで打ったんですけど、ライン際の当たりがファウルになった。それからです。位置を変えたのは。
 立ち位置を約15センチ、投手寄りにした理由は「際どい打球がフェアじゃないとアピールにならないから」。支配下選手になるための思考力。7回の打球がその象徴だった。
 2年目の今季、オープン戦8試合で打率・286をマーク。3月21日に支配下選手となった。この日のスタメン年俸総額は15億4230万円。そのわずか0・3%にしか当たらない480万円の背番号99がチャンスを生かした。テレビ観戦した父・哲博さん(52)は「BSアンテナの工事が終わったのが、きょうの午後5時。何かあるんですかね」と大興奮だった。
 3年越しで6連敗中だった天敵・中田を攻略。今季初めて中日戦で勝ち越した。主力が不振や故障で離脱する中、チームを引っ張ったのは若い力だった。同点打の亀井は「隠善がチャンスをつくったので、絶対に還したかった」。坂本は好守連発、脇谷は6点目を叩き出した。原監督は「今は水を得た魚のごとく若い選手が暴れてくれている。非常に頼もしい」と“ヤングG”を称えた。9連戦は6勝3敗で借金は1まで減り、3位浮上。5月だけなら6勝4敗でリーグ首位だ。
 一緒にお立ち台に上がった亀井、脇谷、坂本が「きょうは隠善でしょう」と口をそろえた。トリを任された1メートル74と小柄な隠善は絶叫した。「皆さん、お願いします。1、2、3、最高で~す!」

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2008年5月12日のニュース