大場また被弾 次がラストチャンス?

[ 2008年5月12日 06:00 ]

 【ソフトバンク3―4日本ハム】ソフトバンクのルーキー大場が5回0/3を3安打3失点でプロ最短KO。2回に連続四球の後、小田に右越え2号3ランを被弾。被本塁打11は両リーグワーストだ。チームも首位・西武と今季最大6・5ゲーム差をつけられ「自分が投げる球をコントロールできていない」と“一発病”にうなだれた。次回は18日、日本ハム戦(ヤフードーム)の先発が濃厚だが杉本投手コーチは「安心してマウンドへ送り出せない」と“ラストチャンス”を示唆した。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2008年5月12日のニュース