福盛「同級生の城島打ち取りたい」

[ 2008年3月31日 11:35 ]

 「昨日はすし屋。おいしかった」。メジャー1年目の開幕戦を控えたレンジャーズの福盛和男投手にピリピリした空気は感じられない。実質的な開幕は「自分が投げてからですね」。いつ出番があるか分からない中継ぎとして、割り切って考えているようだ。

 主に6、7回から起用される方針。「イチローさんとは当たりたくないけど、城島とは同級生なので打ち取りたい」。相手打者の名前を口にし、きりっと引き締まった顔になった。(共同)

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2008年3月31日のニュース