勝つことへの期待の分が不安と城島

[ 2008年3月31日 11:30 ]

開幕戦を前に練習するマリナーズの城島

 3年目の開幕を迎えるマリナーズの城島健司捕手は30日、リラックスした表情で言った。「逃げられるものなら逃げたいけど、開幕は絶対にくるからね」。1年目ほどの特別な思いはないが、例年通りの緊張感で臨む。

 「日本にいるときと変わらず(いろんなことを)キャンプから任せてもらったからね」。キャンプ初日から新戦力の投手を優先的に受けた。チームも課題だった先発投手陣の大幅なてこ入れを敢行。「去年にはない大きな不安。でもそれは勝つことを期待されることから出てくる不安です」と穏やかな顔で説明していた。(共同)

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2008年3月31日のニュース