池江璃花子 国体400MメドレーリレーVメンバーの名前に興奮「凄くないですか!!チーム『子』!!」

[ 2022年9月19日 19:28 ]

池江璃花子
Photo By スポニチ

 競泳の池江璃花子(22)が19日、自身のSNSを更新。この日行なわれた第77回国民体育大会「いちご一会とちぎ国体」成年女子400メートルメドレーリレーの東京のメンバーの名前の“偶然”を喜んだ。

 池江は東京のアンカーとして出場。トップで引き継ぐと、リードを大きく広げてゴールし優勝。同大会のリレー2冠を達成した。

 この日の東京のメンバーは背泳ぎが竹葉智子、平泳ぎが渡部香生子、バタフライが牧野紘子、自由形が池江の4人で臨んだが、4人とも名前に「子」がつくことで、「子どもの『子』が付いてて改めて良かったと思えたレース #栃木国体 #平成生まれ」とつづったもの。インスタグラムのストーリーズでも「このメンバー凄くないですか!!チーム『子』!!」と報告している。

 「昭和」では「子」のつく名前も多かったが、4人とも「平成」生まれとあり、フォロワーからも「凄い偶然ですね」「若い子なのに珍しい!!」「最近名前に子が付く子供が少ないもんね」「キラキラじゃない方が輝いている」「珍しい!」「揃ったー!」などの声が寄せられていた。

続きを表示

この記事のフォト

2022年9月19日のニュース