古江彩佳 パットさえて首位浮上!「うまく入って良かった」

[ 2022年9月19日 02:30 ]

米女子ゴルフツアー ポートランド・クラシック第3日 ( 2022年9月17日    米オレゴン州ポートランド コロンビアエッジウオーターCC=6467ヤード、パー72 )

第3ラウンド、11番でティーショットを放つ古江彩佳
Photo By 共同

 4位で出た古江彩佳(22=富士通)は5バーディー、ボギーなしの67で回り、通算13アンダーでアンドレア・リー(24=米国)、リリア・ブ(24=米国)と並ぶ首位に立った。

 古江は要所でのパットがさえ、トップに浮上した。1番で6メートルを沈めてバーディー発進。5番からも長いチャンスを次々に沈めて3連続バーディーを奪い、「一緒に回っている方からすると嫌なプレーだったかなと思うけど(笑い)、うまく入って良かった」とうなずいた。22歳は最終日も伸ばし合いの展開を予想する。「自分はしっかりアンダーで回っていきたい」。7月のスコットランド・オープン以来となる米2勝目を目指す。

 ▼38位・上原彩子 どちらかというと右を狙っていたが、ちょっと引っかけて左にいったら入ってくれたのでラッキーだった。(2番パー3でホールインワン)

続きを表示

この記事のフォト

2022年9月19日のニュース