×

明大・伊藤 花園準V・国学院栃木の弟の分も頂点狙う「ディフェンスから仕掛けていきたい」

[ 2022年1月9日 05:30 ]

最終調整を終え、抱負を語った明大の伊藤
Photo By スポニチ

 明大は東京都世田谷区にある八幡山グラウンドで最終調整した。SO伊藤耕太郎(2年)は「帝京さんはスクラム、ラインアウト、モールなどセットプレーやフィジカルが強い。明治はそこで引かずにディフェンスから仕掛けていきたい」とイメージ。

 この日は、国学院栃木にいる弟・龍之介(2年)が全国高校ラグビー大会決勝で東海大大阪仰星に敗れた。兄は頂点を逃した弟の思いも背負い、「楽しみたい。積極的にいきたい」と決勝を見据えた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2022年1月9日のニュース